スタッフ 2017.02.27.

能力開発と自己投資の価値

「企業は人なり」-松下幸之助氏の言葉です

組織における最大の資産である「人」に価値を持たせてゆくこと
つまり、「人財」こそ最大の資産です。
このように人材を「人財」と記載するところも多く、企業にとっての「財産」であるという認識が浸透しています。
インターネットがいくら普及しても、企業の製品やサービスは、人によって作られ提供されています。
当たり前ですが「人」なしでは、企業・組織の活動は成り立ちません。

「人材」を「人財」へと育む。
そのための考え方が、能力開発と自己投資です。

一流のプレイヤーから、最高の軍師・戦略家に至るまでに活躍する人が
それぞれの階層で求められる能力についてはハーバード大学教授の
ロバート・カッツ氏が下記の3つに整理しています。

・ テクニカルスキル(業務遂行能力)
・ ヒューマンスキル(対人関係能力)
・ コンセプチュアルスキル(概念化能力)
です。

最高のチームを作るために、常にこれらの能力を磨き続けましょう。
そして、チーム・環境そのものがこれらの能力を磨ける空間であることが大切です。

では、次に3つのスキルを順番に解説してゆきます。
テクニカルスキルというのは、いわゆる「ロジカル・シンキング」とも呼ばれます。
問題を発見し、解決するための能力です。
「そもそも、今、何が問題なのか」を認識する能力となります。
また、問題の原因を分析し、筋道を立てて解決策にたどり着くために必要な力です。
タイムマネジメント、タスク管理能力などもここに当てはまります。

ヒューマンスキルは、いわゆる「コミュニケーション能力」
チームにおける課題を解決してゆくために、周りに伝え、共有し、全員で解決へ向かうことや、
良好な人間関係を作り、そして組織の能力を最大化して成果を作るためには
グループにおいてポイントを押さえた報告、連絡、相談をすること、そしてそのための能力が必要となります。
また、自分だけではなくさまざまな立場、考え方の人を理解することも重要です。
チームビルディングに最も直接関連するスキルと言えるでしょう。

コンセプチュアルスキルは、「クリエイティブな能力」
新しい顧客を開拓したり新しいサービスを開発するためのアイデアを生み出し
これまでの常識に囚われない発想につながります。
それぞれのサービスや役割がどのように関係しているのか、依存しているのか、影響しているのか、など
全体を見る能力が高まることを意味します。
また、コミュニケーション能力と組み合わさることで顧客へ新しい価値を伝えることが出来ます。


こういった能力を伸ばしながら、さらに普段から「自己投資」を行うことをお勧めします。
「人としての成長」を追求するにあたって欠かせない考え方だと言えるでしょう。
あくまで一例ですが、
・精神的な能力を鍛える
・心を成長させる
・自分の価値を高める
・自信を持つ
・経験値を高める
・人生の目的、目標を明確にする
といった、「価値ある考え方と豊かな感性」を築くために必要な考え方です。
多くの経営者が「師匠」「メンター」「コーチ」「トレーナー」が必要だと語るのは、能力開発のような「スキル」以外の部分をも高めてゆくことを重要視しているからに他なりません。
つまり、物心両面が豊かな成功者になるために必要なプロセスなのです。


これら、能力開発・自己投資は日々の仕事や人との関わりの中でも行えることですが
専門的な研修、ビジネスセッション、ワークショップなどでより実践的・体系的に学ばれることをお勧めします。
まずは「やり方」を学び
「実践」を行い
そして、「継続」することが大切です。


能力開発・自己投資は「緊急性の無いもの」とよく言われます。
投資の種類の中でも、「長期的投資」になりますが、正しく自己投資して得られた、あなただけの力は生涯に渡ってのリターンを生み出す可能性があります。
若いうちに自己投資をしておきましょうと言われるのは、このためです。

多くの人が後回しにしがちな点なのですが、人生の質を高めるために欠かせない要素、それが能力を磨くことと自分に投資をすること。
緊急でない重要事項の優先順位を高め、どれだけ実行することができるか。
チーム・組織のクオリティを高めるために、ぜひ取り入れてみて下さい。

TEAM株式会社
代表取締役 太田泰史